貴金属を買取に出す前に気を付けておきたい点とは?!

買取相場の動向をチェック!

貴金属を買取に出すとき、相場を確認してから行っていますか?貴金属は世界中の様々な出来事によって、価格が左右されています。
プラチナは、2015年から金よりも安い状態が続いています。本来ならばプラチナは金より貴重なので130%程度高値であることが望ましい金属です。プラチナの相場が下がっているのは、産出国の通貨価値が下がったことにより外国からプラチナを買いやすくなり流通量が増えたこと、プラチナ消費国からの需要が減っていることの2つが理由とされています。この逆転現象はいつまでもは続かないと予想されています。金が高値を保っているのは、貴金属としての人気の他、世界的貨幣としての役割を担っているからです。世界的に経済情勢が不安定なので、普遍的な価値のある金を買い集める動きが広まっています。銀は現在、太陽光発電のソーラーパネルの材料として需要が増えていますので今より相場が上がる可能性があると言われています。
このように、貴金属の相場は流通量や需要の他、世界経済にも影響されているので、日ごろの情報収集が大切です。

自分の貴金属の刻印確認とお手入れを!

貴金属は、傷がついていたり壊れていても買取ってもらえます。貴金属は買い取った後にそのまま売るのではないからです。溶かして不純物を取り除いて金属塊にしています。
そのため、純度が高ければ高いほど買取価格が高いです。純度は、貴金属製品に刻印されています。あらかじめ刻印を見て、だいたいいくらで売れるか予想して買取に出した方が、期待との差が少なくなるでしょう。また、刻印が無いものでも査定してはもらえますが、様々な検査が必要なので本物と断定されるまで時間がかかります。
人気ブランド品のアクセサリーなどでしたら、そのままの状態で再販されることもあります。販売証明書や箱があれば査定が上がる可能性がありますので、貴金属と一緒に買取店に持ち込みましょう。もしそのままの状態で買い取ってもらえることが期待される貴金属ならば、手入れがされているかどうかも重要なポイントです。特に銀製品は黒ずみやすいので、専用の磨きクロスなどで綺麗にしてから持ち込むと、査定額が上がる可能性があります。